【保護者向け】穴の開いたサッカーソックスを一軍復帰させる方法

「お気に入りのサッカーソックスをなるべく長く使いたい」

「試合用のソックスに穴が開いてしまった」

「サッカーソックスって、捨てるタイミングが分からない」

 

少年サッカーにおいて、大事な足を守ってくれるソックスは必需品です。

それほど高価なものではないものの、買い替える回数が多くなると費用がかさんでくるため、ソックスばっかり買っている気分になります。

特に、お気に入りのソックスや試合用のソックスの場合、値段が少し高かったり、すでに廃版で売っていなかったりすると困りものです。

今回は、穴が開いてしまったサッカーソックスを、もう一度一軍復帰させる方法について考えてみたいと思います。

 

サッカーソックスを捨てるタイミングは難しい


ソックスは、捨てたり買い替えるタイミングを見極めにくいアイテムです。

汚れるのは当たり前で、多少穴が開いても使えるからです。

多くのサッカーソックスは、つま先や膝に穴が開いて、薄汚れてゴムが切れてからようやくお役御免となるケースが多いと思います。

スパイクやユニフォームに比べて目立つアイテムでないことや、もったいないから最後まで使おうという気持ちがそうさせているのかもしれません。

 

子供は好き嫌いがはっきりしているので、大きさが好みでなかったりフィット感が悪いと二軍行きとなり履こうとしません。

一方で、お気に入りの一軍ソックスたちは練習だけでなく試合でも履かれるため、お母さんが穴や破れを補修しながら使うことが多くなります。

代用品をセールで安く買ってみるものの、好みが合わず履いていないベンチ外ソックスがタンスの隅に残っているという家庭も多いように思います。

したがってサッカーソックスは、子供の好み(色やフィット感)と親の好み(値段や購入頻度)に差が出やすいアイテムであると言えます。

【保護者向け】この練習って意味あるの?と思った時に、紙とペンを用意して読む話

 

穴の開いたソックスを、カーフソックスとして一軍復帰させよう


つま先やかかとに穴が開いてしまったソックスは、少し手を加えることでカーフソックスとして復活させることができます。

カーフソックスとは、足首より下の部分がないサッカーソックスです。セパレートソックスとも言います。

コンプレッションと呼ばれるランニングで使用する着圧ソックスに似ており、上下2つのソックスを組み合わせて使用します。

Embed from Getty Images

欧州クラブの選手は、カーフソックスとTRUSOX(トゥルーソックス)を組み合わせて使用しているのをよく見かけます。

プロ選手は公式戦に対応できるよう、チームソックスの下をカットして同色のソックスを合わせ、つなぎ目を同色のテープで留めています。

この組み合わせは、ロシアW杯付近から注目されるようになり、近年ではJクラブや大学生のチームでも履いている選手が増えています。

Embed from Getty Images

そんな背景もあり、近年は各メーカーからカーフソックスの既製品が販売されるようになりました。

しかしながら、その大半は一部のこだわり派に向けたものであり、種類が少なく取り扱いがない店舗も多いと思います。


umbro(アンブロ)ソックス ゲ-ムカ-フストッキング

 


LUZeSOMBRA(ルースイソンブラ) カーフソックス F1914904

 

カーフソックスのつくり方


まずは、穴が開いたり破れて二軍行きになったソックスを用意します。

足首から上の部分がきれいであれば、サイズが少し小さくなっていても構いません。

次に、用意したソックスを足首のゴム付近でカットし、ほつれ防止のためロックミシンを掛けます。

少し折り返して縫った方がきれいに仕上がりますが、面倒であればそのままでも大丈夫です。

新しいソックスでつくることもできますが、メーカーやモデルによって長さや太さが異なるため、まずは古くなったソックスで行う方が良いと思います。

サッカーソックスは表記サイズよりも大き目につくられているものが多く、サイズアウトしたソックスのほうがフィット感があるかもしれません。

スポーツソックスを先に履いて、後からカーフソックスの裾を被せるように履くと完成です。

プロ選手は同色のテープでつなぎ目を留めて履いていますが、サイズがフィットしていればそのままでも大丈夫だと思います。

チーム指定のサッカーソックスがある場合は、穴が開いたものをカーフソックスにつくり変え、予備の一本として持っておくと便利です。

 

自作カーフソックスの良いところ


サッカーソックスを、カーフソックスにつくり変えるメリットをまとめてみました。

  • 穴が開いたり、小さくなったソックスを再利用できる
  • 汚れやすく穴が開きやすい足首下部分だけ交換できる
  • 足にフィットしたサイズで履ける
  • 足首周りが二重になり怪我予防になる

 

お母さんにとってのメリットは、今まで捨てていたものを再利用できるだけでなく、汚れて穴が開きやすい部分だけを買い替えることができる点です。

スポーツソックスは厚手で耐久性が良く、3足1,000円程度で売っているため、新しいサッカーソックスを買い続けるよりコストダウンになりそうです。

子供たちにとってのメリットは、オーバーサイズになりがちな足先のフィット感を高めるとともに、怪我をしやすい足首周りを保護することができます。

足に汗をかきやすい子供が長いサッカーソックスを履くのは一苦労ですが、2つに分かれていると脱ぎ履きがしやすくなるように思います。

 

ただし、セパレート型のソックスはまだ認知度が低いこともあり、ユニフォームが細かく指定されている公式戦では使えない可能性があります。

また試合用ソックスが色付きの場合、組み合わせる同色のスポーツソックスが見つからない場合もありそうです。

できれば一軍の主力選手として使うよりも、困ったときのピンチヒッター的な感覚で取り入れていくと良いと思います。

 

スポーツソックスは、運動中に下がってこないようすね中くらいの長さのものがお勧めです。

スポーツ系メーカーの方がクッション性が良く、耐久性が良いように思います。

これくらいの長さであれば普段履きでも使えますし、軽くボールを蹴る時にも使えますので、まずは白系で試してみてはいかがでしょうか。


NIKE(ナイキ) ジュニア 3P クルー ソックス SX6842


addidas(アディダス) クルー ソックス 3足組み FXI66 

 

サッカーが上手くなるための、サッカーソックスのかたちとは


サッカーソックスを購入するとき、みなさんはどのような基準で選びますか。

ソックスは目立たないアイテムであるため、スパイクやユニフォームに比べると値段重視で選びがちです。

チームメイトと合わせる必要のない練習用であれば、セールやフリマアプリでなるべく安く購入している人も多いように思います。

ボールやスパイクは、保護者世代が使っていた頃と比べてかなり進化しているものの、ソックスは何十年と同じようなデザインで販売されています。

これは、ユーザーのソックス選びに対する意識の低さや価格重視のマーケットが存在している裏返しであると言えます。

 

そんな目立たないソックスですが、同じように見える1足であってもそれぞれに履き心地や癖があって、子供たちのパフォーマンスに影響していたりします。

お気に入りのサッカーソックスは、履くだけで良いプレーができる気がしますし、大事な試合がある日は活躍できるようにとマイベストソックスを選んでいる選手も多いように思います。

 

サッカーソックスをサッカーが上手くなるための道具と捉えるなら、良いところは踏襲しながらも、新しいソックスのかたちを模索する必要がありそうです。

ただ足を覆うだけのものから、選手のパフォーマンスやモチベーションが上がる道具につくり変えるということです。

できれば、一部の愛好家が好むような高価でこだわりの詰まった嗜好品ではなく、安価で買い替えや洗い替えの効く普及品であって欲しいと思います。

ここを間違ってしまうと、すべての選手が選べるものとしてスタンダード化しないからです。

 

そのためには、サッカーソックスを買う回数が一番多いお母さんの支持を得ることが必要な気がします。

もし、手元に穴の開いたサッカーソックスがあるなら、捨てる前に一度カーフソックスにつくり変えてみませんか。

子供のパフォーマンスが良くなるかも知れませんよ。

通気性が良く汚れが落とせる人工芝シューズラック<シューデオドラント付き>

【贈答用】フルーツのように包装できるボールラッピングキット

Scroll to top