試合前のシュート練習を見ると、チームの実力がわかるという話

ジュニアサッカーを観戦していると、シュート練習をしている姿を良く見かけます。

試合中のインターバルに、次の試合を行うチームがシュート練習をするというのがお約束になっているためです。

 

何気なく見てしまいがちなシュート練習ですが、よく見るとチームの実力が良くわかります。

ここでは、観戦をより面白くするためのシュート練習の見方を考えてみたいと思います。

 

そもそも、試合前のシュート練習は何のためにするの?


■グラウンドを確認するため

ジュニアサッカーのグラウンドは、場所によって大きさや形が異なります。

また、地面の状況や太陽の角度、風の強さなど天候によって目まぐるしく変化していきます。

シュート練習をすることで、実際にボールを蹴りながらピッチの状況を確認することができます。

 

■実践的なキーパー練習をするため

試合前のキーパーの悩みとして、ゴールを使った実践的な練習ができないという問題があります。

そのため、試合と試合の間やハーフタイムは貴重な練習時間になります。

ボールに慣れていない試合開始直後は、緊張してミスになりやすい時間帯です。

そのため、直前までなるべくボールに触れておく必要があります。

シュート練習は連続してボールが飛んでくるので、キーパーのウォーミングアップとして適していると言えます。

 

■複数の選手が一度に練習できるから

試合のインターバルは5分程度であるため、複数の選手が一度にできる練習が好まれます。

シュート練習であれば、左右二手に分かれて行うことで数多くボールに触ることができます。

場所と時間を使う1対1や、コーナーキックの練習を試合前にするチームはあまりいません。

 

シュート練習はここを見よう


■キーパーのポジション

強いチームには必ずと言っていいほど良いキーパーがいます。

ジュニアサッカーにおける良いキーパーの条件は、「背が高い」「キックが飛ぶ」「ポジションが良い」という点です。

特にキーパーの立つ位置が良いとシュートコースが限定され、なかなか得点が入りません。

シュートを打つ側も「なんか入らなさそう」という空気を感じます。

 

キーパーをやってみると分かるのですが、ボールを追って前ばかりを見ているといつの間にかゴールががら空きになっていることがあります。

ゴールを背にした時の立っている位置が適格なキーパーは、良いキーパーであると言えます。

 

■左足で蹴れる選手がいるか

一般的に世の中の10人中1人が左利きと言われています。

ところが、サッカー選手にはそれより多くの左利きの選手がいます。

左利きの選手がいると、クロスやシュートなど攻撃のバリエーションが増えるため、チームにとっては大きなメリットになります。

また、ボールの持ち方やパスコースが異なり、ディフェンスをする時の立ち位置が変わってきます。

予想がつかない動きをする選手との対戦は、ディフェンスにとって不利な状況になります。

 

■ボールをミートできているか

ジュニアサッカーにおける戦術のひとつとして、ロングキックを活かした攻撃があります。

ゴールキックやフリーキックのセットプレーもそうですし、遠目からのロングシュートもキック力があることで成立します。

したがって、ロングキックを蹴れる選手がいるというのは、チームにとって大きな戦力になります。

ロングキックは、キック力よりもミートする技術が重要です。

足をコンパクトに振りぬいてミートすると、強い弾道のシュートが飛んでいきます。

強く打っているように見えないのにシュートが速い選手は、要注意であると言えます。

【保護者向け】ジュニアサッカーが楽しくなる、観戦力をあげる7つの方法

 

シュートは、ゴールに打たないと入らない


得点につながるシュートを打つには、「コース」と「タイミング」と「強さ」が重要になります。

タイミングやスピードは少々悪くてもゴールになる場合がありますが、コースが外れていると絶対に入りません。

キーパーが弾いたりポストに当たって跳ね返ってくることのない、入る確率がゼロのシュートとなります。

 

ちなみに、ジュニアサッカーで打たれるシュートは、ゴールの外へ飛んでいくことがほとんどです。

強く蹴ることに意識が行ってしまい、コースを狙うのが二の次になるからです。

 

なかなか得点が入らない、攻撃力が弱いチームは、

「シュート練習中に何本シュートを打っているか」

「そのうち何本がゴールの枠内に飛んでいるか」

を実際に数えて検証してみると良いかもしれません。

 

例えば、試合前によく見るセンターサークルからのポストシュート。

打ったシュートのうち枠内に飛んだのが半分以下であれば、そのチームは試合で得点できない可能性が高いと言えます。

ノープレッシャーの状態なら8割くらいは入れておきたいところです。

 

逆に半分以上をキーパーが止めているいうのであれば、そのキーパーが上手いということが分かります。

しかもシュートが枠内に飛んでいるので、それだけチーム全体のシュートが上手いということも分かります。

シュート練習でキーパーが好セーブを連発しているチームは、強いチームである可能性が高いと言えます。

 

ドリブルの上手なチームはあっても、シュートの上手なチームは少ない


メッシやネイマール、久保建英選手の活躍やYou Tubeの影響もあり、ジュニア年代ではドリブラーと呼ばれるドリブルの得意な選手が育っています。

街のスクールではマーカーやコーンを置いて練習をしたり、ドリブルを専門に教えるサッカースクールも増えています。

強豪と呼ばれるチームでは、ポジションに関係なくドリブル突破を仕掛けてくるので、相当時間をかけて練習しているように思います。

 

一方で、シュートの技術はどのチームもそこまで大きな差がありません。

練習が地味だったりスペースの問題があるので、そもそも練習をする機会が少ないように思います。

逆に言うと、シュートの上手い選手になれば、他の選手にない武器になると言えます。

 

日本に遠征に来る海外のジュニアチームには、シュートの上手な選手がいます。

もちろん体格の違いはありますが、ボールを正しくミートする技術が長けているように思います。

せっかくドリブルで相手をかわしたとしても、肝心のシュートが入らなければ得点になりません。

あなたが応援するチームが放つシュートは、ゴールに飛んで行ってますか?

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019観戦レビュー<前半戦>

Scroll to top