最高のプレーは、未来の自分も最高にしてくれる

胸に手をあてて、思い出してみよう。自分のベストプレーを。

体を張ったディフェンス、気持ちの入ったドリブル、ピンチを救うビッグセーブ。

 

目の覚めるようなトラップ、豪快なシュート、終了間際の決勝ゴール。

観客の歓声、駆け寄ってくる仲間、手を挙げて喜ぶコーチ。

 

サッカーをしていると、こういう場面に出会うことがあります。

瞼の奥に刻まれた記憶を思い出すことで、背中が熱くなり再び高揚感を味わうことができます。

 

“最高のプレー “という飴玉を舐める


最高のプレーは、自らを肯定する飴玉のようなものです。

最高のプレーは、その後の自分を何度も肯定してくれます。

自分の最高のプレーを思い出して、ニヤニヤとしてしまう。

そういう時間が未来の自分の礎を作っていくように思います。

 

最高のプレーをことばにしよう


スマートフォンをはじめとした目覚ましいテクノロジーの発達で、私たちは優れた映像を手にすることができるようになりました。

その映像は、様々な記録メディアやデバイスに保存されていますが、「いつでも見れる」という安心感から、多くは記憶に残るものになっていません。

 

ドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜、ロストフの14秒など人々の記憶に残るシーンは、必ずことばとして残っています。

子供たちの最高のプレーを家族の記憶に残していくには、共通の記憶を呼び起こすことばに置き換える必要があります。

ことばがスイッチとなって、頭の中に残る映像を再生してくれるからです。

 

「あの逆転勝ちした試合すごかったよね」

「先月の決勝戦のドリブルはかっこよかったわ」

「1年前のあの時のシュートはミラクルだったね」

 

言葉を発することで、当時の映像や記憶がよみがえり、あの時はこうだったなと心地よい高揚感に浸ることができます。

子供たちの素晴らしいプレーや、感動する試合は、映像だけでなくことばとしても残していく。

そして子供たちは、そのことばによって自分の足跡を称えたり、支える家族の存在に感謝することが大切であると考えています。

【保護者向け】少年サッカーにおける観戦ポジショニングの重要性

【予算1000円で収納DIY】サッカースパイクの汚れ落としと乾燥ができるシューズラック

Scroll to top